伊賀忍者の里 赤目の森からの発信
第14回
 全国雑木林会議 三重大会
       〜秘伝 里山利用のすべてを明らかに〜

INDEX

LINK

第14回 全国雑木林会議実行委員会設置運営規約

(目的)
第1  全国で行われている里山・雑木林の保全活動の成果を持ち寄り、意見交換と交流を行い、更なる活動の発展と環境保全の推進を目的として三重県名張市で行われる第14回全国雑木林会議実行委員会(以下「実行委員会」という。)を設置及び運営する。

(事業)
第2  実行委員会は、第14回全国雑木林会議を成功させる。
   2 そのための広報活動を展開する。

(実行委員会の構成)
第3  実行委員会は、三重県内のみどりの保全に取り組む個人・団体が自主的に関わり構成する。

(委員)
第4  実行委員会は、参加団体の構成員 個人により構成する。
   2 委員の中から、委員長及び副委員長 事務局長を選任する。 
   3 委員長は委員会を代表し 会務を総理する。
   4 委員長に事故ある時は、副委員長がその職務を代行する。

(担当部会)
第5  実行委員会の実施 運営に関する協議・調整機関として 担当部会を置く。
   2 担当部会は 部会長が招集し 実行委員長に知らせる。

(事務局)
第6  事務局は、開催地の(特)赤目の里山を育てる会内に置く。
   2 事務局は、実行委員会に付議すべき事項を企画立案する。

(経理)
第7  第14回全国雑木林会議の実行に必要な経費については、事務局がこれを管理する。
   2 事務局には、実行委員会の承認を受けた経理担当者を置くものとする。

附則  この規約は 2006年2月18日から施行する。
     この実行委員会は、会議開催終了後、会議報告書の発行、収支報告書の完成の両方の完了をもって解散する。

Copyright (C) 2006 Zenkoku-Zoukibayashi-Kaigi executive committee,
All rights reserved.