title_img.jpg
薪で炊くふっくらキラキラご飯
img01.jpg


ご飯を炊くというと,最近は電気釜を使う場合が多いでしょうが,赤目の森では,希望する方にはお釜と薪を貸し出して,ご飯を炊いてもらうことができます。

お米は,エコリゾート赤目の森の向かいにある田んぼで採れたもので,水は赤目の井戸水を使っています。燃料も里山の木々から作った薪です。

まず,お米の表面のヌカを洗い落としいます。お米が水を吸う際にヌカの臭いも吸ってしまうので,素早く洗いましょう。お湯を使うと吸収が早く進むので,寒い時期でも頑張って水で洗いましょう。

お米を水に浸している間に,かまどの準備をしておきましょう。
乾いた薪を使います。慣れない間は,先に火をおこしておくと良いでしょう。

いよいよ炊飯です。お釜にふたをして,かまどにのせます。
まず最初は,強火で一気に沸騰させます。
沸騰して吹きこぼれてきたら,かまどの中の薪を半分だけ外に取りだし,吹きこぼれない程度の中火にします。そのままの火力を保ちながら,7分間待ちます。

7分経ったら,さらに大きな薪は全て外に取りだし,炭のおき火のような状態で,8分間待ちます。
8分経ったら,全ての火を消して,7分間蒸らします。
この間,上手く炊けたかとっても気になるのですが,おいしく炊くために,蒸らしている間はふたを取ってはいけませんよ!

7分間待ちに待ってふたを取ると,キラキラに輝いたご飯とご対面です。
ぜひともこの炊きたてを,熱っちっち,と言いながら取り分けて,味見して下さい。
このお釜でふっくらと炊いたご飯,おかずなんて無くても,最高においしいんです!!

自分で一生懸命に炊き上げたご飯をほお張れば,皆さんご飯のようにふっくらキラキラの笑顔になりますよ。




ご予約・お問い合わせはこちら